0
¥0

現在カート内に商品はございません。

失敗しないポールの選び方

ポールの種類とサイズ

基本的なポールのサイズは長さ1.6~3mの伸縮 直径2.2cmです。
これ以外に太いタイプと長いタイプ、そしてハーフのぼり用があります。
一般的にはどのポールもほとんどのスタンドに使用できます。
地域によって3m以上のポールが配送出来ない場合があります。配送可能なポールは2.4m、強風2.4mと3段伸縮

一般的なポール

一般的なポール

長さ:1.3m~3m
直径:2.2cm

どんなのぼり旗にも合わせやすいベーシックな白、カラーポールも色を主張しすぎず、のぼり旗の柄を邪魔しない絶妙な色味です。
収納や取り回しが楽な最長2.4m、収納時1.3mの短いタイプもあります。

フルカラーポール

フルカラーポール

長さ:1.3m~3m
直径:2.2cm

カラーポールはキャップも含めて全てが同一カラーになっているため、のぼりの柄とポールの色を合わせて目立たせたい時に効果を発揮します。
色違いで揃えても目を引く強い色味です。

強風対策用の太いポール

強風対策用の太いポール

長さ:1.3m~3m
直径:2.5cm

風の強い地域などに対応した太いのぼりポールです。
一般的なポールですと海風やビル風など風の強い場所で長時間使用しますと、のぼり旗も痛んできますがポール自体も曲がってしまったり最悪の場合ポッキリと折れてしまうこともあります。
強風に悩まされていた方におすすめです。
配送や持ち運びに配慮した2.4mのポールもあります。

収納便利な3段伸縮ポール

収納便利な3段伸縮ポール

長さ:1.1m~3m
直径:2.5cm

一般的なポールと同じく最長3mまで伸縮します。
収納時は1.1mと短くなりますので、取り回しが楽で、頻繁に移動することが多い場合に力を発揮します。

サビに強いステンレスのポール

サビに強いステンレスのポール

長さ:1.3m~3m
直径:2.3cm

通常のポールはスチール(鉄)覆っている皮膜に出来た小さな傷や被膜のない箇所から錆びてしまいます。
ステンレスポールはサビに強いだけでなく、見栄えの良い高級感が持続します。
1mm太くなりますが、重さは一般的なポールと変わりません。

ハーフサイズののぼり用ポール

ハーフサイズののぼり用ポール

長さ:1.1m~2m
直径:1.9cm

高さが1m程度かつ、直径1.9cmとかなり短く細いポールです。
ハーフのぼり(通常の半分サイズの30x90cmのぼり)専用です。
これに合う立て台(スタンド)がないため、ワゴンや柱などに括(くく)りつけて使用します。

竹風のぼり用ポール

竹風のぼり用ポール

長さ:1.3m~3m
直径:2.2cm

和風の雰囲気を出したいときにもってこいのポールです。
節まで再現した竹風ポール。

長いタイプのぼり用ポール

長いタイプのぼり用ポール

長さ:4m~5m
直径:2.5cm

主にジャンボサイズのぼり旗で使用しますが、高い位置にのぼりを掲げたい場合などにも使えます。
どちらも一般的な立て台(注水台など)で使用できますが、大きい分、安定性に欠けるため注水台であれば20L(リットル)以上、できれば30L以上がお勧めです。
通行者や自動車など傷つけないよう十分にお気をつけください。

まるごとバラバラになるポール

まるごとバラバラになるポール

長さ:2m~2.5m
直径:2.5cm
収納時:74cm

扱いやすいと評判の2.4mのポールを凌ぐ収納時74cmの収納力。
移動が多い方の味方。

立て台の種類とサイズ

基本的ほとんどのポールがどの台にも使用できます。
当店で販売しているポールで特殊なのはハーフのぼり用のみです。
よって、立て台(スタンド)を選ぶ際に注意する点は、のぼり旗のサイズや風の状況などです。

注水台(タンク)

注水台(タンク)

・16L(幅40cm × 高さ30cm)
・20L(幅43cm × 高さ29cm)

注水台は安定性のある20Lか16Lがお勧めです。
スペース的に苦しい場合はこれより小さいタイプを選択しますが、のぼり転倒の事故防止のため、お勧めはできません。
小さいタイプを使用する場合は、周囲の状況を良く注意してください。

注水台ドーム型(タンク)

注水台ドーム型(タンク)

・8L(幅40cm × 高さ30cm)
・11L(幅35cm × 高さ26cm)
・20L(幅47cm × 高さ37cm)

ドーム型の注水台は、ドーム状の外側が低くなっているものが多く、足を引っ掛けにくい作りになっています。
8Lタイプは小型で高さも抑えた作りで、省スペースで取り回しが楽になります。

くい型

くい型

40cm / 60cm / 78cm / 109cm

打ち込み式のポールスタンドです。長いほど安定しますが、事前に設置予定の地面がどこまで刺さるか試してから求めください。
60cmと109cmが売れ筋です。
最も安定性があるのぼりポールスタンドです。

鉄板型

鉄板型

・普通サイズ(幅30cm × 高さ30cm)
・大きいサイズ(幅45cm × 高さ45cm)

やはり大きいほど安定しますが、それでも不安な場合などはオモリを乗せます。
一般的には45cmの鉄板台にキューブウエイトを乗せて使用します。

タイヤ踏み式ポール台

タイヤ踏み式ポール台

幅12cm×長さ45cm×高さ45cm

移動販売の自動車のタイヤで踏んで固定します。
その他、展示会や店内のカウンターで固定したり工夫次第では様々なシーンでお使いいただけます。
台が目立たないため見た目を重視したい場合にもってこいです。

コンクリートポール台

コンクリートポール台

劣化しやすい樹脂製と違いコンクリートの塊だから長期間の設置ができます。
またコンクリートポール台は足をひっかけないように、重さを活かして幅を狭く抑えたものや、高さの低く作られているのも魅力。